2016年11月29日

横歩取り 勇気流6八玉

棋士の佐々木勇気五段が得意とされている横歩取りの戦法を紹介します。
ちなみにこの戦法にはまだ名前がないということなので、勇気流という仮称をつけて紹介します。

【参考棋譜】(一例です)
▲7六歩 △3四歩 ▲2六歩 △8四歩 ▲2五歩 △8五歩
▲7八金 △3二金 ▲2四歩 △同 歩 ▲同 飛 △8六歩
▲同 歩 △同 飛 ▲3四飛 △3三角 ▲6八玉[1]

[1]

横歩取り3三角戦法に対し、▲6八玉とするのが佐々木五段の新手で、
佐々木五段は現在(2016/11/18時点)この形で6連勝しています。

最近では叡王戦で八代五段との対局や王座戦で中座七段との対局で登場しています。

▲佐々木勇気 vs. ▽八代弥


▲佐々木勇気 vs. ▽中座真

(棋譜を見やすい将棋盤で表示するために,Fireworks さんが作成されたアニメーション付棋譜再現プレーヤー 「フラ盤」を使用させていただいています.)

八代五段の対策が一般的な対策で、中座七段は△8五飛と中座七段らしい対策をされましたね。

私も先手で横歩取りになったときは勇気流を使うようにしているのですが、
今のところ3戦無敗でして、勇気流の優秀さを身をもって体感しています。

この戦法を解説した媒体は少ないですが、
佐々木五段本人が叡王戦予選のニコ生で対八代戦の解説をされています。


また以下のブログでも詳しく研究されています。
横歩取り「佐々木流▲6八玉」の研究1
横歩取り「佐々木流▲6八玉」の研究2
ブログ「愚を編む。」より

ガンガン攻められる形で早指しなどでかなり有効かなと思いますので、
皆さんもぜひ試してみてください。
posted by J at 07:00| Comment(0) | 既存戦法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする