2016年11月20日

J流横歩取らせ 5八玉型

今回は基本図から先手が▲5八玉[1]とした場合を解説します。

[1]

▲5八玉はバランスのとれた構えで、オープン型での△1四角や△9五角の筋を消しています。

たとえば[1]から△6四銀▲2五飛△7二飛には▲8五飛[2]が嫌味で、
また△8二飛と戻るようでは一手稼がれてしまいます。

[2]

また[1]から△6四銀▲2五飛△3三桂とクローズ型のように指すと、
▲2六飛△7二飛[3]となり、7六の歩を先受けされているので後手面白くありません。
それに先手の角だけが使えているのも不満ですね。

[3]

ということで、この▲5八玉は指してくる人はほぼいませんが、
結構有力な対策のように思います。

しかしこの手は飛車を2筋に戻らず、角道も止めないということで、
結構ガンバった指し方なんですね。
そこで後手もかなりガンバった指し方が求められます。

[1]に対しての私の今の対策は△2四歩[4]です。

[4]

この手には先手の飛車を一手で2筋に戻らせない意味と、
後で銀冠などに囲う狙いがあります。

実はこの△2四歩[A]は以前Ponanzaがfloodgateで似たような形で指した手で、
なかなか有力なのではないかと思っています。

[A]
Ponanzaの場合は8筋の歩を先に突いているところなどが違いますが、
7四の歩を取らせて7三銀とあがる筋をけっこう指しています。

この将棋はこのあとPonanzaが△2三金!とあがって力戦系から勝利しています。

参考棋譜 ▲Adad vs △Ponanza



*棋譜表示にはフラ盤および棋譜ぺったんを利用させていただいてます。

100〜102手目の△5七銀不成〜4六銀成[B]が痺れる手順ですね。
▲4三角成と詰めろをかけると△2七桂以下、先手玉が詰んでしまうんです。
いやぁ、Ponanza強すぎます。

[B]


さて話を戻しまして、[4]の局面で一番気になる手は▲2五歩[5]でしょう。

[5]

△同歩では▲同飛で△2四歩の意味が消えてしまいます。
そこでここでは△6四銀[6]とする一手。

[6]

この局面はすでにのっぴきならないことになっていて、
仮に先手が▲4五飛と逃げたなら△8八角成▲同銀△3三桂▲4六飛△2五歩[6`]となり早くも後手ペースになります。

[6`]
{-500程度で後手優勢}
*{}内はgpsfishの評価値。+なら先手、-なら後手が良いことを示す。

けっきょく飛車が2筋に戻れない上に2五歩まで取られては大損です。

よって[6]には▲2四歩[7]と踏み込みます。

[7]

もうどちらも退けずここから決戦となります。
私の研究では以下、△7五銀▲同歩△8八角成▲同銀△7二飛[8]で後手が指しやすいという見解です。

[8]
{200〜300程度で後手指しやすい}

△8八角成が大事な手で、△7二飛に▲5五角△7五飛▲9一角成に△7八飛打[8`]を用意しています。

[8`]
{-1200程度で後手大優勢}

よって[4]の局面で▲2五歩は指しづらいのではないでしょうか。

ここでは代わる手が広いわけですが、
方針としては先手が▲4五飛〜▲4六飛と飛車を安定させてから攻めを狙う。
後手は△2四歩を生かして銀冠に囲う。といったところでしょうか。
この戦型は後手が堅く囲って先手が中住まいから攻めていくという展開になりやすそうです。

先手が5八玉型できたときは△2四歩[4]とし、

[4]
{+-50以内の互角}

以下、先手は飛車を安定させてから攻めに転じる。後手は銀冠を作り玉を堅く囲う。
という展開が予想され、ほぼ互角の進行になります。

※この記事は「Jの詰将棋ブログ」の再掲版です。
posted by J at 22:00| Comment(0) | 横歩取らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: