2016年11月18日

J流横歩取らせクローズ型1

今回は基本図から先手が▲6六歩[1]と角道を閉じた場合を解説していきます。

[1]

この手は先手が角道を止めることで局面を収めて歩得を主張しようという狙いに見えます。
しかし、実際はオープン型よりも確実に後手が歩損を解消して互角の戦いになりやすい戦型です。

ここで後手は△6四銀[2]と先手で銀を進出します。

[2]

この場合△6四銀と出る手は明らかに手得なので、出ておいたほうが良いでしょう。

そこで先手は▲2五飛が普通の手で、
私は当初そこで△7二飛[3]と寄って7六の歩を狙う指し方を研究していました。

[3]

この局面では7六の歩を直接受ける手はないのですが、
▲6五歩[4]と反発する手があります。

[4]

以降、△7三銀▲7八金△4二玉▲3八銀△6二飛[5]

[5]

といった感じで伸びてきた6五の歩を争点にする指し方が有力で、
割といい勝負が出来ていました。

しかし[3]の局面では決定的な対策があったのです。
それは▲8五飛[6]です。

[6]

オープン型と違い角交換出来ない為、△8二飛と戻ることになり、
以下▲5八金右△8四歩▲2五飛△7二飛▲6七金[7]となり、
歩がぴったり受かってしまいます。

[7]
{+300程度で先手優位}
*{}内はgpsfishの評価値で+なら先手、-なら後手が良い

非常に細かい手なのですが、▲8五飛は一手を稼ぐ手筋です。
こういった感じで好形で歩を守られると後手は完全に作戦負けに陥ります。

しかしこの将棋はそう簡単ではありませんでした。
[3]の局面では△3三桂[8]が異筋ながら容易ならざる手です。

[8]

後手は角が使えなくなりますが、
とにかく飛車の横効きを消して7六の歩を取りに行くのが大事です。

以下、▲2八飛△7二飛▲7八飛[9]となり、歩が受かっているように見えますね。

[9]

ただこれは後手の狙い通りの進行なのです。
ここで△7四飛[10]が狙いの一手。ここぞとばかりにノータイムで指したいですね笑。

[10]
{+-50以内の互角}

後手の狙いは次に△8四飛として8七飛成を狙う手です。
先手が形よく受けようとするとどうなるでしょうか。

△6八銀▲8四飛△7七飛▲4五桂△6七飛▲6五銀[11]

[11]
{-1000程度で後手大優勢}*{}内はgpsfishの評価値で+なら先手、-なら後手が良い

こうなれば先手潰れ形で早くも後手大優勢となります。
もちろんこれはうまくいった例ですが、
後手は△8四飛、△4五桂、△5五銀などを組み合わせて先手に襲い掛かり、
先手は受け一方の展開になるため、後手として不満はない進行になりそうです。

この7八飛受けの形はクローズ型で相当高い確率で登場するので、
後手としては深く研究しておいたほうが良いですね。
形勢的にはほぼ互角ですが、後手が攻勢を取れるので先手としては不満な気もします。

そこで先手も△3三桂以下、7六の歩を取らせて指すなどの色々な戦い方が今後の研究課題となりそうです。

クローズ型のポイントは[8]の局面で△3三桂と跳ねること。
[8]
以下、先手が7八飛受けの形ならば△7四飛[10]とすっと浮いて攻めの態勢を築くことになります。

[10]
{+-50以内の互角}

[10]の局面はほぼ互角ですが、先手潰れ形がいくつかあり、
先手としてはしっかり研究しないとすぐに潰される危険性もあります。
逆に後手は十分に研究して臨めば優位に戦いを進めることが出来るでしょう。

※この記事は「Jの詰将棋ブログ」の再掲です。
posted by J at 22:00| Comment(0) | 横歩取らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: